I LOVE エロゲーアプリ

スマホのエロゲー・エロアプリのポータルサイト

合計:1020115PV

今日:25PV

昨日:184PV

VR対応のエロゲまとめ

コラムicon VR対応のエロゲまとめ

星評価なし
(まとめ記事:)


概要

VR対応のエロゲまとめ
ゲームや映像の世界に入り込み、よりその世界を体感できるということで注目されている「VR(バーチャルリアリティ)」
VRはSFの世界に登場するようなゴーグルを装着し、マーベル作品に登場するヒーロー・サイクロップスのようなスタイルでコンテンツを楽しめるのが印象的な電子機器です。

PS4に接続して簡単にVRを楽しめる「PS VR」はメディアでも取り上げられることが多く、おそらく日本国内では最も有名なVR機器でしょう。

PCに接続して使用できるVRは「Oculus Rift」「HTC Vive」などがあります。
近年ではGalaxyなどのスマートフォンを装着して使う簡易的なVRアクセサリも各所で販売されています。

エロゲ業界でもVRの波は来ており、VR対応の作品も徐々にですが増えてきています。
少し前まではオナホールと連動するエロゲが登場していましたが、VR対応作品の場合は視覚的に楽しむことがメインになっています。

乗るしかない このビックウェーブに!ということで、VRに必要なものとVR対応エロゲのご紹介。

VRで遊ぶために必要なもの

スマホ用VRゴーグル

VRで遊ぶには何が必要か、簡単に紹介していきます。

まずはVRゴーグル、これが無いと始まりません。
スマホ用のVRゴーグルは、スマホをセットしてVRを手軽に楽しめるものになっています。

VRゴーグルの価格は大体1,000円〜15,000円程度で購入できます。
価格が安いものは基本的にVR映像のみ対応となっており、スマホにジャイロシステムが搭載されていないとVRゲームができないので注意が必要です。

また、アプリで配信されているVRゲームによってはBluetooth対応のスマホ用コントローラー/リモコンを用意する必要があります。
とはいえ、価格が安いものであれば3,000円程度で揃えることができるので、お試し用としては手頃な値段でしょう。

PC用VRデバイス

スマホ用のVRゴーグルと違い、PC用のVRデバイスはある程度PC知識がある人向けのものになっています。
HTC ViveOculus Riftがメジャーで、基本的にハイエンドPCでないとまともに動作できませんし、各種設定も自分で行う必要があります。

公式の推奨スペックに微妙に満たない場合でもゲーム設定や解像度を落とすことで一応遊ぶこともできます。(それでも結構なスペックが必要ですが…)

2017年5月時点での価格はHTC Viveが107,784円(税込み)、Oculus Riftが本体とTouchコントローラーのセットで598ドル(76,600円)。
HTC Viveは、ドスパラなどの代理店で購入できます。

一方でOculus Riftは価格改定で安くなったものの7万円を超え、日本国内では輸入販売のみでの取扱いとなっています。
公式サイトで購入する必要があるので、手元に届くまでに1~3ヶ月程度掛かります。

要求スペックは高いものの、ただ単に拡大しただけのようなものではなく、”本物のVR”を自宅で楽しめるというのは大きいです。
エロ方面に強いのもPC用VRデバイスの強みです。

PlayStation VR(PS VR)

コンシューマ(家庭用ゲーム機)向けとして唯一販売されているのがPlayStation VR(PS VR)です。
PlayStation 4(PS4)に接続して使用するもので、他にPlayStation Cameraが必要です。

価格もPS VR本体 44,980円(税抜き)、PS VR本体+PS Cameraセットで49,980円(税抜き)とPC向けのものと比べるとかなり安いです。
コンテンツもPlayStation Storeで購入でき、難しい設定もなく簡単に遊ぶことができます。

ただしPCには非対応となっており、一応非公式のWindows用ドライバがあるものの安定した動作は見込めません。

一応PS Cameraについて補足しておくと、空間内での頭やコントローラーの位置を把握するヘッドトラッキングに必要なものです。
他にも自分の顔のデータをPS4本体に登録することで顔認識で自分のアカウントにログインしたり、音声による電源のオン/オフなどが可能です。

何にせよ、PS VRを使用するのであればPS Cameraは必須なので持っていないのであればPS Cameraとのセットを買いましょう。

VR機器の使用方法

HTC Vive

VIVE™ 日本

HTC ViveはVive公式サイトでセットアップ方法が公開されています。
セットアップ動画は英語ですが、図解などは日本語で掲載されています。

インストーラにはSteam Clientも入っているので、直ぐにSteamからソフトをダウンロードできます。

Oculus Rift

Oculus公式サイト

Oculus Riftは日本で代理店などが無いため公式サイトや北米Amazonなどから注文する必要があります。
一応、公式サイトは日本語表示ですが肝心のセットアップなどのサポートは英語での表示なのでVR機器の中でもハードルは最も高いと言えます。

セットアップするためにはまずOculusSetupをダウンロードする必要があります。
セットアップの紹介自体は動画なので簡単な英語が分かる程度の人でも十分把握できると思います。

分からない部分などは既にOculus Riftを持っているユーザーのブログなどを参考にしてみましょう。

PlayStation VR

PS VR スタートガイド

PlayStation VR(PS VR)のスタートガイドは公式サイトでも公開されています。
チュートリアルビデオもあるので、それ見ながら接続しましょう。

接続に必要なコードが多いので、ある程度はバンドなどでまとめておいても良いでしょう。

VR対応エロゲ販売サイト

DMM.COM

DMM
DMM.COM

では、肝心のVR対応エロゲはどこで手に入れるのかですが、基本的にはエロゲーを販売しているところであれば大抵は販売しています。
パッケージ版の場合は在庫のある・なしが関係するものの、DL版であればデータだけで済ませられます。

DMM.COMのサービス“DMM VR THEATER”ではライブイベントをVR環境でリアルタイムに楽しめるサービスを行っています。

また、DMM.R18で販売しているエロゲ、同人エロゲのDL版の他にもVR対応AVであるVR動画の販売も行っています。

PS4版DMM.comアプリをVRモードに切り替えるとPlayStation VRにも対応させることができます。
ただし、PS4の仕様上、映像や音声はテレビ・モニターとVRで同時に出力されるので一人暮らしでない場合は周囲の環境に注意する必要があります。

DLsite VR

DLsite VR
DLsite VR

にじよめなどのサービスを展開している株式会社 エイシスのダウンロードショップ「DLsite.com」。
決済方法が複数あるので、自分に合った方法でコンテンツを購入できます。
「コミックとらのあな」の会員であれば「とらのあなID決済」も利用可能です。

その中にあるVR専門の「DLsite VR」ではVR対応作品をまとめています。

下記の「ImagineVR」と業務提携しており、VRコンテンツの開発・配信もサポートしています。

ImagineVR

ImagineVR
ImagineVR

VRコンテンツを専門に配信している「ImagineVR」
海外最大のアダルトVR動画制作・配信会社Virtual Real Pornとの提携が発表され、日本市場向けオリジナルコンテンツの制作も検討しているとのこと。

今後は女性向け、ゲイ向け、トランス向けのVR動画の展開も視野に入れているようです。
DLsite.comでは海外VR作品の相互配信も行っています。

VR対応のエロゲ

VRカノジョ

VRカノジョ VR対応のエロゲまとめ

VRカノジョ

3Dエロゲを作らせたら右に出るものはいないイリュージョンのダウンロード販売専用ソフト「VRカノジョ」
VR専用の作品で、登場するキャラクターは「夕陽 さくら」のみ。

その分、キャラクターの作り込みが凝っており、VRコントローラーやマウスで触ると細かく反応してくれます。
もちろん、着せ替え要素もあります。

シンクロ操作により自身の身体を動かすことで、Hシーンもより臨場感のあるものになります。
公式サイトにある動画「H解禁」でその様子を確認できますが、プレイ中は絶対他人に見られない環境を作っておきましょう。

ハニーセレクト

ハニーセレクト VR対応のエロゲまとめ

ハニーセレクト

こちらもイリュージョンのVR対応作品「ハニーセレクト」
リアル寄りのCGキャラクターを自由にカスタマイズでき、自分好みのキャラクターを作成できます。

女性キャラだけでなく、男性キャラも作成でき、イリュージョン定番のスタジオではキャラクターを自由に配置してシーンを撮影できます。
MODも多数制作されているので、より自分好みのキャラを作成できます。

追加ディスクとなる「ハニーセレクト ~パーティー~」では衣装の追加やスタジオがパワーアップしています。
2体のキャラをかけ合わせて新しいキャラを生成できる「融合」は意外性もあり、オススメです。

ハニーセレクト ~パーティー~ 購入特典の自分で作成したキャラを使って遊べるシミュレーションゲーム「バトルアリーナ」は2017年5月下旬に完全解禁となります。

公式のVR化パッチを使うことでVRも楽しめるようですが、画質が落ちるということでユーザーが作成したVRMODを使用するユーザーが多いようです。

カスタムメイド3D2

カスタムメイド3d2 カスタムメイド3D2

カスタムメイド3D2

カスタムメイドシリーズの最新作「カスタムメイド3D2」
メイドをカスタマイズして、仕事をさせたり、色々な行為をしていくゲームです。
追加要素が収録されたアペンドディスクも多数発売されています。

オリジナルの楽曲に合わせてダンスもできるので一時期注目されました。

3Dモデルはハニーセレクトよりアニメチックで、アニメ・ゲーム・コミックに登場するキャラクターに似せることもできます。
現在はハニーセレクトよりも勢いは落ちているものの、MODが豊富で色々と追加できます。

公式で配布されているパッチを適応することでVRに対応できますが、サポート自体は対象外となっています。
また、VRに特化した「カスタムメイド3D2 バケーションパックVR」がDLサイト「S-court DL」にてダウンロード販売されています。

さらに、Chu-B Lip、Chu-B Lip Sという専用オナホール対応verも発売され、一時期は市場から消えましたが、2017年4月に再生産されました。
これとVRを組み合わせてフル装備になればより臨場感のあるHシーンを楽しめることでしょう。

Sexyビーチ プレミアムリゾート

Sexyビーチ プレミアムリゾート VR対応のエロゲまとめ

Sexyビーチ プレミアムリゾート

2015年に発売されたSexyビーチシリーズの「Sexyビーチ プレミアムリゾート」
ハニーセレクトの前身となる作品で、この作品で作成したキャラクターのカードはハニーセレクトにコンバート(引き継ぎ)することができます。
コンバートしたキャラクターはハニーセレクトのデータに合わせて微妙に顔などが変化するので、気になる人は再調節が必要になります。

メインとなる部分は探索ゲームとなっており、リゾート地のホテルの経営を立て直すために女の子たちを招いて、それを餌に男性客を呼び込むというもの。(要するに売春宿)

プレイヤーはオープンワールドのような世界を探索するのですが、体力があり、更には食料で体力回復しないとHPが減っていき、最終的にHPが尽きると診療所で治療&所持金が減ります。

また、各所に敵となるチンピラや謎のイルカ?が登場し、プレイヤーに襲いかかります。
チンピラといっても攻撃力が高く、1人相手にするだけでも生か死かを争うレベルの強さ。
山の山頂で伝説の剣を見つけたり、武器を買っても普通にボコボコにされる位にプレイヤーは貧弱というゲームバランス。

高解像度&高画質の設定でプレイすると当時30万のハイエンドPCでも重いなど色々と話題になりました。
GPUではなくCPUで処理を行っているため、最低設定でも読み込みが長い、動きがカクつくのは当たり前。

一応、修正パッチでゲームバランスなどは多少改善されています。
本編よりもカスタマイズがしたいという人は配信されているクリアデータを使うのも手です。

グラフィックとカスタム性の高さは流石のイリュージョンということで評価は良いものの、肝心の本編のデキが酷く、プレイするのであればネタで楽しむ位の感覚でないとストレスがマッハで溜まります。

VRはOculus Rift用のパッチを適用するとキャラビューのみの対応します。
あくまでおまけレベルの内容なのでVR利用目的なら他の作品でも良いでしょう。

プレイクラブ~遊戯倶楽部~

プレイクラブ プレイクラブ~遊戯倶楽部~

プレイクラブ~遊戯倶楽部~

3Dで調教が楽しめる「プレイクラブ」。
本作で胸の重さが追加され、その後のイリュージョン作品にも引き継がれました。

アペンドディスクやMODが存在するので、リリースから時間が経った今でも十分遊べるものになっています。

Oculus Rift、HTC Vive、OpenVR互換HMDには非公式のMODが対応しています。
公式では対応していないので、VRに対応させる際はバックアップをとるなどの注意をして下さい。

本編はシナリオ型式で進行していき、登場するヒロインをカスタマイズしたり、オリジナルのヒロインを作成できます。

調教モノにしてはもの足りない感じがあるため、よりハードな内容を求めるのであればMODなどを活用する必要があります。

セクロスフィア

セクロスフィア VR対応のエロゲまとめ
セクロスフィア

ストーリーとパズルゲームがメインの「セクロスフィア」
キャラクターは固定で、カスタマイズができません。

公式でOculus Rift DK2、Oculus Rift CV1、HTC Viveに対応した追加プログラムを配信しています。
本編を持っていなくても1シーンだけ楽しめる仕様になっています。

アニメ調のキャラクターが登場し、イリュージョン作品にしては珍しく主人公はショタになっています。
同梱されているスマホアプリ版(Androidのみ対応)のセーブデータと連動させることができ、女体表現も独自に開発されたものが採用されています。

基本的にはゲーム性の無いパズルをして、ストーリーを見ていくというもので、プレイヤー自身がどうこうするといった要素はありません。
シーン中のキャラを変更するといったこともできないですが、VRで見ると主人公視点になるため臨場感があり、本編は微妙なもののVR機能は中々の高評価。

ストーリーやパズルをしないでHシーンを見ることもできるとのことなので、VRを持っているのであれば追加プログラムを試してはどうでしょうか?

妄想対戦ぼうりんX

タイトル 妄想対戦ぼうりんX
妄想対戦ぼうりんX レビュー

DMM.com R18で配信されているAndroidアプリ「妄想対戦ぼうりんX」
ボウリングが大流行した世界で、ぼうりん娘と共に全国制覇を目指すというもの。

控室 妄想対戦ぼうりんX
エロアプリにしては珍しくVRに対応しており、ジャイロ機能のある端末のみVRゴーグルとセットで使うことで控室でぼうりん娘の様子を見ることができます。
色々な角度から眺めることができるだけなので、1度試したら十分なレベル。

試合 妄想対戦ぼうりんX
ボウリング自体はスワイプするだけででき、ガターも無いような簡単なものになっています。

マッサージ 妄想対戦ぼうりんX
他にも決められた制限時間内でぼうりん娘達にマッサージを施すこともできます。

なないちゃんとあそぼ!

なないちゃんとあそぼ! VR対応のエロゲまとめ

なないちゃんとあそぼ!

サークル VRJCCによる同人ソフト「なないちゃんとあそぼ!」
Oculus RiftとHTC Viveに対応しており、一人称視点でヒロインのなないちゃんとHを楽しむことができます。

スマートフォンに搭載されたジャイロセンサーと加速度センサーを利用することで体位を切り替えられたり、動きに併せて声なども変化します。
ラブドールやエアドールにスマホを固定するとよりリアル感が増すとのこと。

スマホを固定できるのであれば枕など動かせるものでも代用できるようです。

クラウドファンディングも行っており、今後のアップデート及び追加コンテンツの開発などに当てられます。

ライジングプレイ

ライジングプレイ
ライジングプレイ DLsite Maniax

こちらも同人エロゲのひとつ「ライジングプレイ」、制作サークルはRobi。
2015年にリリースされ、リアルタイム3D、AIによるモーション自動生成、MOD対応化、電動オナホ「CycloneX10」対応など同人エロゲでありながらこれでもかと詰め込んだ作品になっています。

アップデートも何度も行われており、2017年5月にはVRに対応しました。
対応機種は、OculusRiftCV1とHTC Vive。

生徒会長を務める優等生・綾風 凜花が「ライジング」という媚薬を使い、一年生の桃井 子鈴を陵辱しているところを偶然見てしまった男子生徒・月島 瞬斗も参加するというもの。

フリープレイでは3人のキャラクターを使った様々なプレイが可能で、色々なパターンを楽しめます。

Yiffalicious

Yiffalicious VR対応のエロゲまとめ
Yiffalicious 公式サイト

海外で制作されているエロゲー「Yiffalicious」。
ケモナーの中でも割りと上級者向けのフリーソフトで、Oculus Riftのみ対応しています。

いわゆる同人ゲームで、基本的な操作方法などは公式サイトで公開されているチュートリアル動画で確認できます。
ただし、マイナーな海外ゲームなので情報が少なく、ゲーム内テキストなどは英語なので分からないところなどは自分で調べる必要があります。

クラウドファンディングサイト「patreon(パトリオン)」でゲーム開発費の支援を行うと開発中のビルドに先行してアクセスできるなどの特典を受けられます。

まとめ

VRのネックとしては、VR機器が高い、PC環境を整える必要がある、周囲が見えない、対応ソフトが少ないなどが挙げられます。
また映像を引き伸ばすVRの単純な仕様だと、画質が悪いと映像の粗が顕著に出てきます。

PCゲームのダウンロード販売を行うSteamでもVR対応のコンシューマゲームも配信されており、徐々にではありますが、VR対応ゲームは増えて来ているようです。
Fleshlight Launch」などクレイジーなVRと連動するホールを使えば手をフリーにした状態で楽しむこともできます。
完全装備状態でのオナニーが当たり前になる日も近いかもしれませんね。

とはいえ、国内のエロゲ界隈ではイリュージョン一強と言った感じで、3D技術が豊富なメーカーでないとVRへの参入は厳しいようです。
2DでVRに対応してもメリットがあるのかすら怪しいですし、当然といえば当然ですね。

国内外のAV業界でもVR対応の作品が登場していますが、そのほとんどが主観視点で楽しむものなので、内容もワンパターンになりがちなようです。

VRを手軽に楽しむにはまだまだハードルが高いですが、入手できる機会があれば一度試してみると良いでしょう。
ただし、3D酔いにはご注意を。

8584 PV

あなたのアプリのレビューを書かせて下さい!
ページトップへ戻る