I LOVE エロゲーアプリ

スマホのエロゲー・エロアプリのポータルサイト

合計:989171PV

今日:63PV

昨日:171PV

さくら、咲きました。

さくら、咲きました。 アイコン画像

星評価3.5点
(5点満点中:3.5点)


ねぇねぇ、恥ずかしいお汁が出てるよ…ジュルジュル…

タイトル さくら、咲きました。
グチョグチョ…まだまだダメだよ。もっと濡れなきゃ…

わたしたちは、春をする。

個性的な美少女ヒロインたちとの楽しげな日常、そしてそれぞれのヒロインたちと紡ぐ切ない人間ドラマ。
この永遠にも似た春の中で、この咲き誇る桜の下で。

俺たちは、春をする。

世界観

2238年、トコシエと呼ばれる老いや病をなくす技術が確立された世界。 人々は怠惰な日常を過ごしていた。
いつも通りの時間、いつも通りの日常が今日も流れていた。

そんな日々の中、始業式と入学式が行われ、部活始業の日でもあったその日、主人公・新庄 翼の所属する水泳部は廃部になってい…。

しかし、部活には必ず所属しなければならない校則があり、幼馴染の春野 つばめはチャンスと言わんばかりの笑顔で生活部への入部を誘って来る。

怠惰な日常を変化のあるものに変える部活動が始まったある日、巨大隕石が接近するというニュースが流れる。

システム

ストーリー さくら、咲きました。
この作品は、チケットを消費してシナリオを進めていき、キャラクターの好感度UPや成長を楽しむADVです。
チケットは1話につき1チケットを消費します。

マイページ さくら、咲きました。
チケットは毎日午前0時に5枚回復
5枚以上所持している場合はそれ以上回復しません。(チケット回復アイテムはカウントしない)

各ヒロインの好感度を上げることでシナリオが変化
基本的に好感度の高いヒロインのシナリオが発生しますが、たまに好感度とは関係のないシナリオも発生します。

好感度はシナリオ中の選択肢によって上がります。
また、好感度upアイテムで上げることも可能です。

ヒロイン

春野 つばめ さくら、咲きました。
「春野 つばめ(はるの つばめ)」
主人公の幼なじみで、明るい性格。
移動スーパー「黒沢屋」でバイトをしていることもあり、学園の男子だけでなく村の子供・お年寄りにも人気が高い。
家では母親に変わり、家事全般をこなす。



烏丸 都 さくら、咲きました。
「烏丸 都(からすま みやこ)」
静かで清楚な学園のマドンナ的存在。
実際には夜更かしによる睡眠不足なだけの生活部副部長。
居眠りが多いが、生活部をまとめる存在。



湊 美羽 さくら、咲きました。
「湊 美羽(みなと みう)」
頭脳明晰なクール系。
やる気のない態度だが、頼み事には答えてくれる新入部員。
趣味はエロゲー。



白鷹 すみれ さくら、咲きました。
「白鷹 すみれ(しらたか すみれ)」
自由奔放な生活部部長。
数々の伝説を残し、部員たちからの信頼ある。
メガネをしているが、別に視力が悪い訳ではない。



烏丸 奏 さくら、咲きました。
「烏丸 奏(からすま かなで)」
人見知りでおとなしい、都の妹。
運動神経が鈍いのか、何かとつまずく。
都に誘われて、去年から生活部の部室へよく遊びに来ている。



天使突抜 瀬利華 さくら、咲きました。
「天使突抜 瀬利華(てんしつきぬけ せりか)」
元天使突抜グループ令嬢で、プライドの高い学生会長。
白鷹 すみれと因縁があり、生活部を目の敵にしている。
しかし、毎回返り討ちに合う。



春野 つばめ H さくら、咲きました。
エッチシーンは基本的にソフトなものになっています。

湊 美羽 H さくら、咲きました。

課金要素

ガチャ さくら、咲きました。
「ポイントガチャ」
ガチャポイントで回せる無料ガチャです。
ストーリーチケット、好感度upアイテム、ガチャ券が当たります。
ガチャポイントはログインボーナスに100pとチケットを消費するごとに10p貯まります。

「チケットガチャ」
「ガチャ券」を使用して回せるアイテムガチャです。
ポイントガチャよりも良い確立でアイテムが入手できます。

ショップではチケット回復アイテム、各ヒロインの好感度upアイテム、ガチャ券を有料で販売しています。

総評

PC版からの移植作品です。

この作品は背景が綺麗なのですが、特に桜には気合が入っています。
スマホ版では、それが少し伝わり難いのが残念。

生活部はこの作品の「生と死」というテーマに、キャラクターが向き合う切っ掛けのひとつでもあります。

「生と死」といっても鬱ゲーのような鬱々とした作品ではなく少し明るめの作品になっています。

ルート次第では所々省いているようなところが気になります。
隕石の話やそれに関係する設定を消化しきれずに終わった感がありました。

確かに良作なのですが、物語の舞台が大き過ぎたのかも知れません。
そして、“生と死”というのは難しいテーマのひとつなので仕方ないかなとも思います。

有料・無料

登録は無料です。

1483 PV

あなたのアプリのレビューを書かせて下さい!
ページトップへ戻る